UNOカードでGo Fishをプレイするためのクイックガイド

Go Fishは、数字、パターン、ペアの学習を含む素晴らしい子供向けゲームです。子供たちは、プレイ中に学ぶために、保護者または教師と一緒にこのゲームを楽しむことができます。

このゲームでは、各プレイヤーは7枚のカードを受け取り、残りのデッキは表を下にして置かれます。ディーリングプレーヤーに任せられたプレーヤーはゲームを開始し、プレーヤーが現在持っている番号カードをプレーヤーに尋ねます。プレイヤーがその番号のカードを持っている場合、彼らはそのプレイヤーにその番号のすべてのカードを与えなければなりません。その後、プレイヤーは別のプレイヤーに番号を尋ね続けます。質問された人がその番号カードを持っていない場合、彼または彼女は「Go Fish」と言います。その後、プレイヤーはパイルからカードを引き、ターンを終了します。プレイヤーが同じ番号のカードを引いた場合、彼らはそれを発表して別のターンを取るように頼みました。

ゲームのいずれかの時点で、プレーヤーが同じ番号のカードをすべて獲得した場合、彼または彼女は、他のプレーヤーがそのカードを呼び出さないように、カードを表向きに置くことができます。ゲームが終了し、ほとんどのポイントを持つプレイヤーが勝つまで、各セットはポイントとしてカウントされます。
ゲーム中、プレーヤーがカードを使い果たした場合、そのプレーヤーは山から3枚のカードを引き、ターンを続けます。スキップカードとリバースカードしか持っていないためにプレーヤーがプレイできない場合、そのプレーヤーは山からカードを1枚引いてターンを終了します。

宇野バリエーション
すべてのカードが空になり、すべての番号セットがテーブルにあると、ゲームは終了します。ドローパイルが終了すると、プレーヤーは別のカードを釣り上げる代わりにターンを終了します。

宇野バリエーション

UNOバリエーションでは、釣りとコーリングカードのルールは同じままですが、カードはセットですが、より多くの番号があります。数字でないカードのそれぞれには、ゲーム内で特別な力があります。これらの特別なカードは、ドローパイルの隣に表向きに配置されます。これらの特別なカードの力は次のとおりです。
ドロー2 –プレイヤーは、ターンを続けるためにパイルから2枚のカードを引く必要があります。
ワイルド–プレイヤーは自分の番でこのカードをプレイして、番号を呼び出す代わりに、他のプレイヤーの手から特定の色のカードを呼び出すことができます。尋ねられたプレイヤーは、パワーカードを含む、その色のすべてのカードを与えなければなりません。それ以外の場合、プレイヤーは釣りに行く必要があります。
特別なワイルド–プレイヤーは、ゲーム内のすべてのプレイヤーに、指定された色のすべてのカードを要求します。

反転–数字または色を要求された場合、カードを渡す代わりに、反転を使用して、質問したプレイヤーから質問された数字または色からカードを取得できます。特別なワイルドカードでは逆は機能しません。
スキップ-スキップは、あなたから求められた数または色をブロックし、すぐにプレーヤーのターンを終了します。